Categories
お知らせ

乖離性人格障害とシミュレーション仮説

1 0
Read Time:9 Second

我々は目で物体を認識しているのだが、それは主に、と言うだけで、目をつむって雰囲気で物体を認識してもそれは認識してなのである。

乖離性人格障害という用語がある。通常人間1人に対して1つの人格となっているが、これが2つ以上の人格となる場合がある。1つの体に全く違う性格の人格が交代で現れるという現象である。これは、本音と建前のような性格の表裏ではない、違う人間が宿ってしまうのである。

ある人格の時は黒髪で、ある人格が出る時は茶髪になる。また、目つきや髪型まで変わる。(臨床を見ないと信じられないだろうが)

これは、我々は目で光を感じているのであり、その波長は身体の状態や精神の状態によって変わるのである。肉体、から発するのは電磁波であり、それを受信しているのだ。

近い考えの動画がありました。脳科学面白いですね。

Happy
Happy
100 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です